リベロ卒業生の合格体験記

2017年 リベロ卒業生の合格体験記

2017年3月17日、愛知県公立高校推薦および一般入試の合格発表が行われました。

この日に最高の結果を勝ち取るために、みんなこの一年間、必死に勉強してきました。その結果、一宮西・一宮興道・一宮南など、難関校・上位校に見事合格! 今年も生徒たちは素晴らしい結果を出してくれました。

でも、そこには数々のドラマがありました。ボーダーラインよりもはるかに低い内申点から当日テストで奇跡の大逆転を起こして難関校に合格した生徒たち。中でも単願でチャレンジした私立高校がことごとく不合格となり、滑り止め校がないという「背水の陣」で挑んだ公立一般入試。その逆境をはねのけ見事第一志望校に合格した生徒など。

それらは生徒たちの計り知れない努力と決してあきらめない強い意志で勝ち取った「サクセスストリー」なのです。

そこで、卒業生たちの、見事第一志望校合格を勝ち取った喜びの笑顔と後輩たちへのメッセージ、そして、リベロの最強学習法を、一部ではありますがご紹介します。


一宮西高校 普通科 合格
R.Nさん(中部中)
リベロの勉強法や先生の授業が楽しく、
勉強をするということが楽しくなりました。

私が合格に向けてがんばったことは、即アップと授業後の解き直しです。私はリベロに入る前は勉強が嫌いで、テスト期間も友達のように長く集中力が続きませんでした。しかし、リベロの勉強法や先生の授業が楽しく、勉強をするということが楽しくなりました。社会が苦手な私は、受検直前まで即アップと解き直しを続けました。当日では、あんなに苦手だった歴史がスラスラ解けて驚きでした。リベロで学んだ勉強法や集中力は自分のためになるものばかりでした。高校でもこの勉強法を続けてがんばりたいです。


五条高校 普通科 合格
S.Aさん(北方中)
自然と集中力が上がっていったので、
自分でも驚きました。

私が合格に向けて頑張ったことは、時間を意識することです。入試では45分という短い時間の中でどれだけ高い点数をとるかが重要になると思うので、いつもの勉強でもどれだけの時間集中するのかを決めて勉強に取り組んでいきました。

リベロでやる即アップをしっかり取り組むと、基礎・基本が身に付くので、丁寧にしっかりとやっていくことで実力もついたし、自信もつきました。

中間ボンバーや期末サンダーでは長時間勉強するので自然と集中力が上がっていったので自分でも驚きました。

最後に、みなさんにはあきらめずに自分の意志を強くもって頑張って欲しいと思います。Fight!!


一宮興道高校 普通科 合格
T.Rくん(北方中)
勉強に対する意欲が上がり、
家庭学習も自分からするようになりました。

毎日学校や塾から帰った後は、その日の復習をしたり、教科書を読んだりして知識を定着させました。公立高校の受験の一ヶ月ぐらい前からは、過去問や予想問題を解いて受験の問題に慣れるようにし、理科・社会では即アップを解いて知識の確認を行いました。リベロに入ってからは、勉強に対する意欲が上がったと思うし、家庭学習も自分からするようになりました。入って良かったと思うことは、基礎・基本を大切にして、それをきちんと覚えられるように学習することだと思います。あと一・二年後に受験を行う後輩達へは、まず基礎・基本を大切にすること、きちんと復習することだと思います。公立の受験では2点問題は結構多かったので、全体的に分からないことを少なくしていくことが大切だと思います。これからも自分達の勉強をがんばってください。


一宮興道高校 普通科 合格
H.Yくん(木曽川中)
リベロに入ったことを後悔していましたが、
今は入ってよかったと思っています。

私がリベロに入った当初、おどろいたことは、リベロの勉強時間と学習量の多さです。リベロみたいに長時間勉強したことがなかったので、リベロに入ったことを後悔していましたが、今はリベロに入ってよかったと思っています。リベロの即アップを真剣に取り組み、基本から応用まで幅広い単元をすみからすみまで学習したので、忘れていた内容を思出し、受験に活用させることが出来たので、第一志望に合格したのだと思っています。

受験を成功させるには、くじけない心と、あきらめないこと、そして絶対に第一志望に受かるぞという意志が必要だと思います。この3つをそろえてこそ合格に近づくことが出来ると思うので、みんなもがんばってください。


一宮南高校 普通科 合格
A.Mさん(北方中)
リベロでは、あきらめずに最後まで
やりきる力を学ぶことができました。

私が合格に向けてがんばったことは、塾だけでなく家での時間を有効に使ったということです。塾に行く前や塾から帰った後の時間を趣味の時間に使うだけでなく、勉強の時間を作り積極的に勉強をしました。家では塾で進めきれなかった即アップを進めたり、一年生、二年生のときの学校ワークを自分の苦手な所、もう一度やっておきたい所を解きました。

私は、塾に入る前と比べて、自分から積極的に勉強するようになったと思います。入塾した時は、自分からやるというより、やらされている感がありましたが、三年生になってからは自分からやるようになりました。リベロでは、あきらめずに最後までやりきる力を学ぶことができました。

最後に、あきらめずに志望校に向けてやりきれば、絶対に第一志望に合格することができると思うのでがんばってください!


一宮南高校 普通科 合格
K.Mくん(北方中)
即アップを全てやりきる覚悟で
取り組みました。

僕が合格に向けて大切にしたことは、中3の夏休みに入塾したので、夏期講習で1年生から3年生の前半までの復習をしっかりすることです。理科や社会は勉強したらした分だけ点数が取れるので、即アップを全てやりきる覚悟で取り組みました。分からない部分を先生に質問したり、知らなかった知識を教えてもらったりして、やり残しを減らしていったことも合格のためになったと思います。英語や数学は経験がものを言うので、早い内から手をつけておくのも良いと思います。

僕は第一志望を最後まで変えませんでした。自分が絶対に行きたいという高校を見つけ、そこに向かってしっかりと勉強すれば良い結果が待っています。


一宮南高校 普通科 合格
B.Sくん(北方中)
即アップを使い、自分の苦手な単元、
教科を復習しました。

僕がリベロで合格に向けてがんばったことは、即アップです。即アップを使い、自分の苦手な単元、教科を復習しました。塾のない日に、苦手な教科の即アップをひたすらやり、苦手を少なくすることを大切にしました。

僕は、2年生の夏からリベロに入りました。リベロに入る前は、勉強をしていても、集中できない事が続きました。ですが、リベロに入ったあとは、集中して勉強をすることができました。

これから受験生になるみなさんには、志望校を自分のレベルより高い所に置いて、あきらめずにがんばってください。


木曽川高校 普通科 合格
I.Kくん(葉栗中)
リベロに入り勉強時間が長くなり、
集中してできるようになりました。

合格に向けてがんばったことは、最後まであきらめずに理科と社会を中心に少しでも分からないことを減らすことでした。

リベロに入る前は、課題ぐらいしか勉強をやっていなかったけど、リベロに入り勉強時間が長くなり、勉強をする時も、リベロに入る前よりも集中してできるようになりました。そして即アップをやり、基礎・基本をできるようにするためにより多くの問題に取り組みました。

後輩へ、最後まであきらめず、自分を信じてがんばってください。

このページの先頭へ