リベロ卒業生の合格体験記(2015年度)

2015年 リベロ卒業生の合格体験記

3月18日、2015年度・愛知県公立高校一般入試の合格発表が行われました。この日に最高の結果を勝ち取るために、みんなこの一年間、必死に勉強してきました。その結果、一宮・一宮西・一宮興道・一宮南など、難関校・上位校に見事合格!今年も生徒たちは素晴らしい結果を出してくれました。

でも、そこには数々のドラマがありました。ボーダーラインよりもはるかに低い内申点から当日テストで奇跡の大逆転を起こして難関校に合格した生徒、2学期の内申点が第1志望校のボーダーラインにも到底届かず、学校の先生から志望校変更を強く勧められたが、それでもあきらめることなく一念発起して、次の3学期に驚異の内申5アップを成し遂げ見事第1志望校に合格した生徒など、それらは生徒たちの計り知れない努力と強い意志で勝ち取った「サクセスストリー」なのです。

そこで、見事合格を勝ち取った生徒たちの喜びの笑顔と後輩たちへのメッセージ、そして、最強学習法を、一部ではありますがご紹介します。


一宮高校合格 N.Yくん(北方中)
「『やらされる勉強』から『やる勉強』へと
変わっていきました。」

僕はリベロに入り、最初はその学習量に驚きました。けれど、やっていくうちに『やらされる勉強』から『やる勉強』へと変わっていきました。また、即アップを行っていくことで、基本的な知識はもちろん、誰にも負けない集中力も身に付けることができました。また、即アップを全冊やり終えることによって、入試当日は『自分は絶対合格する!』という自信がわいてきて、緊張することもありませんでした。もし、受験勉強の途中で不安になったとしてもあきらめず、リベロを信じて頑張って下さい!!一宮高校で待ってます!


一宮西高校合格 N.Kくん(北方中)
「一番大切なのは『意志を強く持つ!』
ということだと思います。」

僕が思うに、一番大切なのは、意志を強く持つ!ということです。つまりそれは『即アップを絶対に全て終わらせる』、そして『この高校に絶対合格する』ということです。即アップ各科目最後のテキスト「合格への道」、それの社会は1冊が約200ページ。初めて見た時は「多いな、終わるか?」と不安になったりもしました。けれど、それをふり切ることができました。なぜなら、『志望校に絶対合格してやる』という意志があったからです。その結果、即アップは全冊制覇、そして第一志望に合格することができました!


一宮西高校合格 A.Kくん(葉栗中)
「夏期講習ではあれほど勉強したことは
一度もないというくらい勉強しました。」

以前の僕は、テスト前日に学校ワークを終わらせるくらいしか、勉強していませんでした。ですがリベロに入ってからは、学校ワーク2回まわりを余裕を持って終わらせるようになり、順位も上がっていきました。夏期講習では、あれほど勉強したことは一度もない…というくらい頑張りました!即アップを大量にやることで基礎が定着し、入試では基本問題が多く出題されるので、高得点を取れました。講習中は「めんどくさいな」という思いもあったけれど、やってなかったら、一宮西高校には合格できていなかったと思います。


一宮西高校合格 I.Kくん(葉栗中)
「苦手な英語も即アップをやり始めて、
少しずつ成績がのびていきました。」

僕が一宮西高校を合格するために頑張ったことは、苦手な科目をできるだけなくそうとしたことです。僕は英語が苦手なので、英語を中心に勉強しました。リベロに入る前の英語の学習は、学校ワークくらいしかやっていませんでした。しかし、リベロに入って英語の即アップをやり始めて、単語が覚えられるようになってきました。すると、長文が読めるようになり、少しずつ成績がのびていきました。後輩のみんなへ。合格するのがどんなに難しいと言われても、それが本当に自分の行きたい高校なら、あきらめないで!


一宮西高校合格 B.Jくん(北方中)
「僕が合格した決め手は、
『即アップ』です。」

僕が合格した決め手は、「即アップ」です。中2の頃もある程度の量はやりましたけど、中3になってから、『即アップ全冊制覇するぞ!』という気持ちでやっていきました。だんだんとやっていくうちに、1冊1冊に書いてある知識を身につけることが大切であることに気付き、丁寧にやるようになりました。そして即アップ最終テキスト「合格への道」、これはなんとしてでもやってください!そして絶対に終わらせてください!力がつきます。皆さんも「即アップ」をやって、第一志望に合格してください。


一宮西高校合格 K.Rくん(北方中)
「勉強の中に喜びを見つけ、
自宅で学習する力をつけることができました。」

僕が合格へ向けて大切にしたことは、わからないところをゼロにしよう、ということです。わからない箇所があると、入試本番ではそれが何倍もの不安になります。しかし、間違えた問題を再度解き直したり、即アップの1問1答を解いたりすれば、絶対に満点をとる!という自信につながります。また、リベロに入って、勉強の中に喜びを見つけ、そして、自宅で習する力を身に付けることができました。後輩のみなさん、即アップは、塾の時間だけでは絶対に終わりません。「自宅で学習をする力」がとても大切になってきます。


一宮興道高校合格 H.Tくん(北方中)
「2年生の3学期から3年生の3学期までに
30番上げることができました。」

中2の頃は、高校のことはあまり考えていませんでした。中3になり、この塾に入る時、まず志望校を聞かれ、僕も高校を意識するようになりました。最初は他の高校に行くつもりでしたが、リベロの先生に背中を押され、一宮興道高校を目指すことにしました。まずは順位を上げようと思い勉強した結果、中2の3学期から1年間で、順位は30位UP!内申点も6つ上げることができました!それもこれも、即アップのおかげです。夏休みも冬休みも返上し、とにかく即アップにすがり、頑張りました。結果は必ずついてきます!


一宮南高校合格 M.Tくん(葉栗中)
「テストで一番大切なのは、
自分の中に不安を残さないことです。」

僕はリベロに入るまでは、自分のやり方・自分の考えるペースで、自分なりの全力をもって、テストに臨んでました。だけど、それだけでは変わり映えのしない順位をとり続けるだけで、伸び悩んでました。しかし、リベロに入って大きく変えることができました。何よりも大きかったのが、学習時間の変化です。その結果、自分ができないことや苦手を見つけ、それを質問し、1つずつ潰していくことができました。テストで大切なのは、自分の中に、不安を残さないことです。不安要素を取り除き、一歩一歩進むことが大切です。


一宮南高校合格 B.Tくん(北方中)
「僕はとにかく空いている時間に
即アップをやり続けました。」

僕はリベロに入る前は、勉強に集中できず、すぐに他事に気をとられて、長い時間勉強をやり続けることができせんでした。しかし、リベロに入ってからは、即アップを何時間もやることによって集中力が高まり、長時間も勉強できるようになりました!それも、中間ボンバーや期末サンダーのときに、みんな合同で勉強する、という学習環境が良かったからだと思います。合格に向けて、僕はとにかく空いている時間は、即アップをやり続けました。まずは、とにかく基礎をしっかりさせることが、大切だと思います!


一宮南高校合格 O.Kくん(葉栗中)
「合格に向けてがんばったことは、
あきらめないということです。」

僕は中1の頃から「一宮南高校なら合格するだろう」と、調子にのっていました。けれど、中3になり内申点がとても下がりました。学校の先生から、志望校を下げろ、と言われている中での私立入試。受験校すべてが第2選択へのスライド合格で、もうダメだと思っていたとき、リベロであきらめるな!と励まされました。なので全力でやろうと思い、態度を変えて、本気で勉強しました。その結果、内申点は5つも上がり、実力もつきました。絶対にあきらめない!という思いを持ってがんばれば、必ず第一志望の高校に入れます!


一宮南高校合格 N.Rくん(葉栗中)
「即アップを徹底的に行ったから
今の自分があると思います。」

僕が一宮南高校合格に向けてがんばったことは、夏期講習から始めた即アップです。即アップは一単元の基礎から応用までを1冊で行うことのできる、すばらしい教材です。即アップを徹底的に行ったから、今の自分があると思います。またリベロに入り、集中力がとても高くなりました。家での学習も、1人で黙々とできるようになりました。後輩のみなさんへ。入試の前日や当日は緊張し、不安になると思います。けれど、『第一志望校に合格するんだ!』という気持ちがあれば、絶対合格します!あきらめず、頑張ってください。

このページの先頭へ