ニュース&ブログ

中学3年生 保護者各位 「入試直前、土日の使い方が勝負を決める!」

高校入試まで本当にあとわずかとなりました。あなたのお子様も「第1志望校に合格するぞ!」という強い気持ちで勉強に取り組まれていることと思います。
でも、
「この入試直前に何をさせればいいんだろう?」
「子どもは頑張っていると言っているけど、今の勉強のペースで大丈夫だろうか?」
「いまだに基本レベルの問題に苦労しているのが心配だ」
「第1志望校合格への気持ちはあるけど、行動がまだ伴っていないような気がするけど…」
「入試に向けてムダのない勉強をさせたいんだけど…」
「入試までに苦手教科の点数がちゃんと取れるようになるのだろうか?」

この時期になると、お子様に対してこのような悩みや問題をお持ちになるのではないでしょうか?
でも、このようなことは受験生をお持ちになり、わが子の進路を真剣に考えられるお母様やお父様であれば、誰もがぶつかる悩みや問題なのです。そういう私も、受験生だったころの自分の子どもにこのような悩みや問題を抱えて、合格発表の日まで落ち着かない日々を過ごしておりました。

お子様もこの時期にもなると「大丈夫だろうか」と常に不安は尽きず、「なんとかしたい」「あきらめたくない」「失敗したくない」とその不安と闘っているのです。そして、「第1志望校へ合格したい」「一生懸命応援してくれるお母さんやお父さんに喜んでもらいたい」と強く願っているのです。

でも、あなたのお子様は、初めて経験する「高校入試」を間近に控え、入試に強くなるためにはそれまでに「何を」「どのように」「どれくらい」やったらいいのか、その具体的な手段・方法が見えないのです。第1志望校に合格したいという気持ちはあるけれど…。

しかし、逆に言えば、「何を」「どのように」「どれくらい」やったらいいのかがはっきりわかれば、子どもたちは水を得た魚のようにガンガン勉強するのです(これはテスト対策や即アップ講座での生徒の様子から明らかです)。

そこで、それらの悩みや問題を解決するために、そして、第1志望校合格を確かなものにするために、1月より「入試直前土日ゼミ」を開講いたします。
この時期、豊富な学習時間と学習量を確保できる土日の使い方が勝負を決めると言っても過言ではありません。
また、入試までにさまざまなバリエーションの問題を大量に取り組むことにより、入試本番において「初見(初めて見る)の問題」をいかになくすかが合格の決め手となります。

進学塾リベロ塾長
種村 和憲


進学塾リベロでは「中3入試直前土日ゼミ」を開講します。

当ゼミでは、入試の問題傾向を的確につかみ、その傾向に即した豊富な問題に取り組みます。そして、残された時間を効率よく学習し、入試本番で高得点が取れる実力を身につけて第1志望校合格を確実なものにします。

「中3入試直前土日ゼミ」について、
詳しくはこちらクリックしてご覧ください。

次の記事 

前の記事 

このページの先頭へ