ニュース&ブログ

2月第3週授業報告

2012年 2月 23日

こんにちは(^^)v
2月第3週授業報告を致します。

ペガサス(小1〜3)

今回の実験は「冬の生物」でした!
冬の動物に,冬眠するしないという違いがあるように,
冬の植物には大きく分けて2つの違いがあります。
年間を通して葉を落とさない植物(常緑樹)と,秋に紅葉し,冬になると葉を落とす植物(落葉樹)!!
では,この2種には葉があるかないか以外にどのような違いがあるのか。
また,常緑樹はなぜ冬の間も葉を残すことができるのかということを目的にそれぞれの植物の観察を行いました(^O^)/
さすが多くの観察を行ってきただけあって,みんなとても手際よく観察を進めていました!
そして観察をするなかで,
「常緑樹は葉が分厚い気がする」「常緑樹のほうが,大きな冬芽がついている」
などと,たくさんの特徴に気づいていました(#^.^#)
その後,常緑樹は葉が分厚いため,冬を乗り越えることができるということと関連付けた実験として,「ヒイラギの葉脈の標本作り」を行いました!!
あらかじめ事前準備をしておいた,ヒイラギの葉を歯ブラシでやさしくたたくと,葉の肉の部分だけがはがれおち,葉脈がきれいにのこりました(^_-)-☆
この実験は,常緑樹の葉が分厚く頑丈だからこそできる実験なんだね!
今後,どこかで冬の植物を見かけたら,「その植物は冬を乗り越えるためにどのような工夫が施されているのか」というところを着目してみてくださいね(^◇^)
,
次回の授業は、
カレンダーどおり、
木曜クラス 2月23日 16:45〜17:55(70分)
土曜クラス 2月25日 10:00〜11:10(70分)
となります。
よろしくお願いいたします。

次の記事 

前の記事 

このページの先頭へ