効果的な勉強脳の作り方

ほとんどの親御さんはお子様には勉強好きになって欲しいと思うものではないでしょうか?学習塾へ行ったり家庭学習をしたりと、いろいろ勉強法を考えていると思います。勉強する環境も大切ですが、勉強好きな「勉強脳」にするには、年齢に応じた対処を施すことが大切です。では、どの年齢でどのような対処をしたら良いのでしょうか?

脳発達プロセスに合わせた教育が大切

脳発達プロセスに合わせた教育が大切

脳は3段階のプロセスを経て大人の脳になると言われています。

第1段階【0~3歳】

0~3歳までは脳神経細胞が増える期間なので、この期間は知識を教えるよりも楽しく会話をしたり、愛情を注いだりしましょう。そうすることで集中力が高い子に育ちやすくなります。

第2段階【4~7歳】

4~7歳までは必要無い脳神経細胞が自然にカットされ、0~3歳までの結果が表に出てくる時期です。思考力や判断力、理解力が養われる時期なので、お子様が興味を持ったことは積極的にチャレンジさせてみましょう。

第3段階【8~10歳】

8~10歳までは思考と情報の伝達回路が発達する時期なので、一般的な勉強はこの期間から始めることをおすすめします。

なお、これらはベストなタイミングであり、10歳を超えたからといって脳が鍛えられないわけではありません。

脳の仕組みに合った勉強法で学習する

脳の仕組みに合った勉強法で学習する

ポイントは8~10歳の間の勉強方法です。おすすめなのが勉強時間は最大90分までにして休憩をはさみ、その後は違う科目や種類の勉強をする方法です。

そうすることで脳の違う部分が活発化され、ひいては脳全体の効率化へと繋がりやすくなります。

また制限時間を自分で決め、その時間内に問題を早く解くようにすると、脳に多くの刺激や喜びが与えられると言われています。

お子さまの成績を伸ばしたい・高校受験を成功させたいなら、小学生・中学生を対象に学習指導をする一宮市の進学塾リベロをご利用ください。従来の進学塾には無いリベロ独自の学習理論と学習法は、定期テストや受験対策などを通して、お子さまの勉強する意欲を引き出します。豊富な成績向上実績や合格実績、勉強方法、月謝などサイト上でチェックできますので、ぜひご覧ください。

このページの先頭へ